3級FPの勉強をして将来に備えよう!

「子供の教育資金は足りるだろうか」、「持ち家は欲しいけど、住宅ローンは払っていけるかな・・・」「老後は年金だけでは厳しいよね?」、「親が亡くなった場合の相続はどうなるの?」など、将来については誰しも漠然と不安を抱いているものですよね。生活している限り、お金の問題は常に付いて回ります。完全に不安を払拭するのは難しいにしても、現状をきちんと把握して、将来に向けて備えていく力は欲しいですよね?
そんなときに、おすすめなのが、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格の勉強です。3級FPの試験は、給与から引かれていても今一つ意味はわかっていない、社会保険や年金や税金などについて学べる、「ライフプランニングと資金計画」、どのような保険を選べばよいか考えるきっかけとなる「リスク管理」、預貯金や金融商品、株式投資、投資信託といった資産運用についての「金融資産運用」、所得税、住民税などの税金について学ぶ「タックスプランニング」、不動産の見方や取引、有効活用などについて学ぶ「不動産」、贈与や相続などに関わる法律や税金について学ぶ「相続、事業承継」という、6つの範囲から出題されます。
これらの内容は、生活する上で将来的にも役に立っていく知識です。3級FPであれば、受検資格に実務経験などは必要ありませんし、内容的にも広く浅い形なので、範囲は広くても難易度としては高くありません。資格を取るという目的だけでなく、苦手としてきたお金への関わり方を見直すきっかけとして、FPの勉強を始めてみてはいかがでしょうか?

主婦にも役立つFPの勉強

就職や転職に役立てたい、現在の仕事に生かしたい、などの理由で様々な資格を取ってみても、その知識が役に立つことがほとんどない、ということは多いのではないでしょうか。ファイナンシャルプランナーの資格の場合は、年金や税金、資産運用、不動産、相続や保険などといった生活に密着した内容ばかりですので、実生活に生かすという面では、学んだことがムダになりにくい資格と言えます。
実際、上記の6つのお金に関わる内容は、日ごろ気にはなっているものの、あまり深く考えないままになっていることが多い事柄ではないでしょうか。家計を預かる主婦がFPの資格を取るために勉強すると、このようなお金に関する知識が身につき、貯蓄や投資を検討したり、保険や住宅ローンを見直したりといった家計の見直しを図ることもできるのです。また、人生の3大資金である、教育資金、住宅資金、老後資金についても身についた知識で資産設計を立てることが可能となります。
現在、子育て中で働いていない主婦の方の中には、先々で再就職を考えている方もいらっしゃるでしょう。どんな資格にも言えることですが、FPの資格を取ったからといって再就職が約束されるわけではありませんが、再就職先を探す際に履歴書に書ける資格があるのは、意欲や知識を示すという点では意味があります。更に、資格取得のために親が一生懸命勉強する姿を子供に見せることで、子供が自分も勉強を頑張ろう、という気持ちになってくれるかもしれません。
資格取得を考えているなら、生活に役立つ知識満載のFPの勉強を始めてみましょう。
⇒FP試験の難易度の実態に迫る!!

独学でFP3級に合格しよう

FP技能検定の3級については、独学での合格も十分可能だと言われています。なぜなら、出題形式が○×、もしくは三答択一形式となっているからです。試験自体は、学科試験と実技試験があるのですが、「実技」試験でも出題は三答択一形式なのです。ですので、論述形式の問題に回答するのと違い、何も知識がなくて勘で答えても偶然正解をする、ということもあるのです。
さらに、過去問と同じような問題が何度も繰り返し出題される傾向にあるのも独学での合格が可能な理由の一つです。理解すべき重要なポイントがそれほど多くはなく、その重要ポイントが何度も出題されることになるため、似たような問題になってしまうのです。そのため、きちんと過去の問題集を勉強して理解しておけば、それだけでも合格する可能性が高くなるのです。
そのほかに、試験が課目別合格制をとっている点も、合格しやすいポイントといえるかもしれません。学科試験のみ合格、実技試験のみ合格、といった場合に、次回の試験では申請すれば、受かった方の試験は免除されるからです。
試験は「日本FP協会」と「きんざい(金融財政事情研究会)」の2団体が行っていますが、どちらの団体で受けても、資格は同一です。例えば、きんざいのFP3級の学科を合格して、FP協会のFP3級の実技を合格すれば、FP3級の資格が取得できるということになります。ちなみに両方の団体で学科の試験内容については、まったく同じものですが、実技の内容は異なります。

FP技能検定の実技って?

FP技能検定には学科試験と実技試験があります。「実技」などというと、いったいどんな問題が出て、どんな風に答えればよいのか気になる人もいるでしょう。実務経験がないと、相談事例や適切なアドバイスが思い浮かばないからです。
試験は「金融財政事情研究会」(きんざい)と「日本FP協会」という二つの団体が主催しています。どちらで受けても資格自体は同じものです。しかし、試験の内容は学科については同じですが、実技の内容は異なります。3級の検定でいいますと、きんざいでは、個人資産相談業務か保険顧客資産相談業務のうち一つを選択しますが、FP協会の方では、資産設計提案業務のみになります。
さて、実技というと実際にファイナンシャルプランニングを行わなければならないのかと考えてしまいますが、実際には、知識がしっかりついているかを記述形式で回答する試験となっています。問題はファイナンシャルプランニングの事例にもとづいて出題されます。
例えば日本FP協会の資産設計提案業務の実技試験では、マンションの物件情報や保険証券を読み取ったり、確定申告での控除額を計算したりといった問題が出題されます。
ちなみに、日本FP協会の方が合格率が高いようですが、きんざいの方と比較して、どちらの問題の方が自分が有利であるかは、自分が持っている知識や仕事によっても異なるはずですので、過去問などで内容を確認してみるとよいでしょう。
もともとあまり知識がないということであれば、自分がどのような知識を身につけたいかによって、どちらの団体の試験を選ぶか決めてもよいかもしれません。
いずれにしても、実務経験がなくとも、資格試験の知識があれば実技試験の問題に回答するのは難しいことではありません。

FPの勉強をすると生活に役立つ?

FPの資格というのは、弁護士や医師などといった業務独占資格と異なり、この資格を持たないとできない業務というものはありません。
現在、金融機関や保険会社、コンサルティング会社などに勤めている方であれば、この資格を仕事に生かすことができるでしょうし、
また、勤務先でも実際に取得を促されている場合も多いようです。

勤務先での評価や待遇に関わる場合であれば、資格取得に意欲も高まることでしょう。

しかし、大抵の資格にいえることですが、基本的にはこの資格を持っているからといって、就職や転職の際に役立つかというと難しいかもしれません。

ただし、FPの資格は、仕事にすぐに生かせなかったとしても、生活面では役立つことが多くあります。

試験は、ライフプランニングや資産運用、不動産や相続といった、実生活に直接関係してくる範囲から出題されます。
更に資格試験にありがちな重箱の隅をつついた、非常に細かい内容を問うような問題というのが少ない傾向にあります。

給与明細を見たときに、引かれているお金は税金なのか保険なのか疑問に感じたり、
生命保険の勧誘を受けた時どの保険に入った方がいいか悩んだり、
と、毎日の生活の中でお金に関する疑問はちょこちょこ出てくるものの、そのままにしてしまいがちです。

このようにお金に関してこれまであまり考えてこなかった人や、相続なんてまだまだ先の話、
などと思っている人ほど、FPの勉強内容は役に立つのでははいでしょうか。

FPの資格試験はちょっと複雑

FP(ファイナンシャル・プランナー)の資格試験は、ちょっと複雑な構造になっています。
民間団体である日本FP協会が認定する民間資格と厚生労働大臣認定の国家資格があるからです。
日本FP協会が認定する資格には、普通資格であるAFPと、その上位資格であるCFPという資格があります。
民間資格ではありますが、CFPは北米やヨーロッパなど世界24か国・地域で認められているプロフェッショナルな資格であるため、
国際的な認知度はあります。国家資格の方には、FP技能検定という1級から3級までの資格があります。

FP技能士は医師や弁護士のような業務独占資格というわけではありませんので、この資格を取ったからといって、
これまでできなかった仕事に就けるということではありません。民間資格のAFPの取得のためには、協会が認定した研修を修了し、
FP技能検定2級に合格する必要があり、独自の試験というものがありません。
CFPの方は、AFP認定者であるか、指定の大学院で決められた科目の単位を取ることで受検資格が得られます。
国家資格のFP技能検定は、2級までなら実務経験なしでも受検が可能ですが、
1級については必ず実務経験が必要となります。1級の試験には学科と実技がありますが、
CFPの資格取得者は1級の学科試験が免除されます。
実技試験では複数の審査員と対面した口述試験が行われます。
このように、民間資格と国家資格がお互いに影響しあう関係にあることが、FP資格試験の仕組みを複雑にさせています。